DraftSight ユーザー インタフェース

デスクトップにはメニューバー、グラフィックス、コマンドウィンドウ、ステータスバー
ツールバー、パレットの領域があります。


この画像にマウスポインタを合わせるとデスクトップの各領域名称が表示されます。
(少し時間をとって下さい。)

DraftSight:ユーザー インタフェース
ファイル、編集、挿入・・・などがあります。
各メニューに関係しているコマンド(命令)は
プルダウンメニュー内にあります。
  • 標準ツールバー
よく使うコマンドをグループにまとめたバーです。
任意に追加、削除のカスタマイズができます。
  • ツール マトリックス
パレットのように同じ動作をするユーザー インターフェースです。
  • オプション ツールバー
コマンドを実行している時に選択ができる、状況依存のオプションが表示されます。
  • ショートカットメニュー
右クリックすると状況依存のメニューが表示されます。
  • グラフィックス領域
図面作成や変更する領域です。この領域では複数の図面を一緒に開くことができます。
  • パレット
図面表示や管理を行うことができ、プロパティ パレット、参照パレット、設計リソース パレット、光源パレット
ホーム パレットなどがあります。
  • コマンド ウィンドウ
コマンド プロンプトで直接コマンドを入力し実行できます。
  • ステータスバー
ツールティップ、作図設定、座標値表示の3ユニットになっています。